Grafting in Fukui

What does it mean when the vegetables that are lined up at supermarkets are labeled “organic”? Sometimes we don’t have the enough time to think about such things. Or sometimes we just don’t care. These terms such as “organic” or “non-GMO” tends to give us the image of being “environmental friendly” or “healthy” choices that are given to us. However, as many of you already know, in the world of business, positive images tend to hide reality from consumers.

I went to Fukui prefecture in early March, to help out a company that produced grafted seedlings. To be honest I had no idea what “grafting” was until I got there. According to the Longman dictionary, “graft” means, “to join a part of a plant or a tree onto another plant or a tree”. Which was exactly the work I was given during my stay. Before learning that this process was a major part of agriculture, I had imagined that the majority of farmers would begin any kind of crop by first planting the seeds. However, it turns out that many farmers would buy the seedlings from grafting companies such as the one that I worked at, then plant them as the first step of growing crops. Currently there are 20 companies in Japan that sells only grafted nursery plants. The question would be, why would there be separate companies producing only grafted plants? or, what are the merits in planting seedlings instead of seeds? One of the major aim of grafting is to produce plants that are stronger than the original by joining the main plants with stable root-stocks. According to one of the workers that I had talked to, by using grafted seedlings, not only can farmers reduce the time needed to grow the plants but increase the percentage of plants successfully bearing fruits. So to state simply, it is one of the choices that farmers take to cut the risk of growing failures that cannot produce profit.

The company is now working on inventing an auto-grafting machine which is estimated to take another year or two. I had a chance to talk to a man who was involved in the invention. Aside from how the invention was going, I asked him what he thought about the “organic” movements that are happening in agricultural scenes around the world. He answered, repeatedly stating that agriculture cannot be done without using pesticides and agrichemicals, at least when it comes to mass production. And as he stated multiple chemicals were being used for the grafted seedlings to grow at a stable pace.
Then, what happens when organic farms buy seedlings from non-organic grafting companies? The answer is simple: they get sold as organic fruits and vegetables as long as they are grown in an organic farm. In other words, the process of how the seedlings were grown wouldn’t matter. Though the man told me that small scaled farms (like most organic farms) wouldn’t usually buy seedlings, the possibility of large enterprises that own “organic” crops, to buy these grafted plants and to grow them to be sold with organic labels, are high.

So going back to making healthy choices for the earth and for our bodies, I am not trying to say that the labels are all false. Nonetheless, it might be worth knowing that there are always possibilities of buying products that seems organic but may not be completely so. If you go deeper into the topic, I am sure that there are many faults that can be found in “friendly” labels. As a consumer, anyone would then ask, how do we make the right choice? I have no answer for this question. But it might just be a signal that safety and mass-production cannot co-exist.


かなり久しぶりの更新です。
春休みの間、私は福井県に行っていましたが、そこで体験したことについて今回は書こうかと思います。

いきなりですが、みなさん「有機野菜」、「有機栽培」などここ数年で目にすることが多くなったのではないでしょうか。たまたま手に取ったものが「有機」のマークがついていると「へー、そうなんだ。じゃあ買おうかな。」と思ってみたり、または有機栽培でとれたものしか購入しないという方も近年では多いのかもしれません。単純に「環境に優しく、体に良い」という印象の強いこの単語ですが、ビジネスの世界が作り上げる良いイメージの中には裏があるものです。

話は福井に戻りますが、私がボランティア兼バイトとして訪れたのは、接木苗を生産している企業さんでした。「接木」ってご存知でしょうか。私は恥ずかしながら、あまり調べずにバイトに応募したため、現地で教えて頂くまでは、接木の「つ」の字も知りませんでした。簡単に説明すると、より育ちの良い苗を生産するために、根っことなる部分と実際の実がつく部分に別の品種を使い、つなぎ合わせる作業の事を「接木」と言います。農家さんは基本種から植物を育てるものだと思っていたため、苗を栽培してる業者があり、またその苗を買って、苗から野菜や果物を育てる農家さんも少なくない、ということ自体驚きでした。国内では現在接木苗業者は20社あるということですが、ではなぜ接木苗を別で生産する業者が必要なのか。一言でいうと農業者にとってこの工程はリスク回避である、ということを教えて頂きました。たとえば農家さんが10個種を撒いたとしても、天候や種の状態など、その時々によって実際に芽を出す数は変わってきます。そこでもうすでに芽が出ているだけでなく、丈夫になって送られてきた苗を使うことで「10個の種」から始めるところを「10個の苗」で始められ、最終的に収穫できる野菜・果物の数が確実に上がる、というわけです。わーお、画期的。

私が働かせて頂いた接木苗業者では、大学や他企業と共同で現在接木ロボットの開発に取り組んでいて、全て上手くいけば、後数年で完成する予定だという話でした。開発に携わっている方と話をする機会があったのですが、開発関連の話を除けば、彼がしきりに言っていた「農薬なしでは限界がある」という発言が印象に残りました。詳しく聞くと、大量生産の話に限る、とのことでしたが、「無農薬」や「有機」がある意味流行りとなっている今、正反対の意見を、しかも現場に近い人から聞けるとは…興味深い。
この話を聞き、ふと農薬を使って栽培された苗が有機農家に出荷されることはあるのだろうか、という疑問を抱きました。つまりどこまでが「有機」といえるのか。答えは至って簡単で、有機農家で育てられた作物は有機野菜・果物として売られる、ということでした。苗ができるまでの工程で農薬が使われても消費者には届かないのです。もちろん全ての農家さんが、接木苗業者から苗を買っているわけではなく、多くの有機農家のように小規模でやっている場合は種から育てることが多い、ということでした。ただ最近では多い小売業者の農業への取り組みが、落とし穴となっているのではないでしょうか。確かな情報がないため、詳しいことはわかりませんが、大量生産でありながら、「有機」として売られている商品は少なくないはず。言い換えれば苗の段階では有機でなかったものが、有機として売られている可能性はゼロではないということです。

「有機」として売られている商品全てが消費者を騙している、と言いたいわけではありませんが、「有機」とうたわれるものの中には、私たちが想像している以上に様々な段階の「有機」がある、ということを今回の福井の経験を通して実感しました。ブランド名やイメージが先行する消費社会の中で、どのような工程で、どのような人々によって私たちが消費するものは生み出され、売られているのか。これを知ること事態、以前より困難になってきているのかもしれません。
さて、偉そうに問題定義をしてきましたが、なにか明確な答えが見えたわけではないのが正直なところです…私はこれからまだまだ知識・体験を蓄えるため、修行あるのみですが、とりあえず今回は「接木」という農業の一工程について紹介させて頂きましたー、では!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s